【OPAI】『社会と共生するアーティスト育成プログラム -アウトリーチ可能なアーティストの育成- 』の参加者募集【OPAI】

桜美林大学プルヌスホール

『社会と共生するアーティスト育成プログラム -アウトリーチ可能なアーティストの育成- 』の参加者募集

PDFファイル

『社会と共生するアーティスト育成プログラム -アウトリーチ可能なアーティストの育成- 』の参加者募集の告知をさせていただきます。

本プログラムは、芸術活動を行っている若手アーティストがアウトリーチ活動を通して、高い芸術性とコミュニケーション能力を取得することを目的に構成されています。プロの演奏家やダンサー、俳優、演出家によるアウトリーチ現場の見学を経て、独自のアウトリーチを模索している若いアーティストを企画・立案から実施までサポートします。

※アウトリーチとは、ホールや劇場など芸術を鑑賞する場から手を外に伸ばしていくというイメージで、「芸術普及活動」として現在、公共ホールを中心に全国で注目を集める活動です。小学生や福祉施設の利用者など芸術に触れる機会を持ちにくい方々に芸術の力を直接届け、芸術と身近に触れ合う機会を提供しています。

詳細

『社会と共生するアーティスト育成プログラム -アウトリーチ可能なアーティストの育成- 』

◆プロのアーティストによるアウトリーチ現場見学
■岩下徹(ダンス)
相模原市立中央支援学校 知的障害教育部門 小学部(1.2.3年生)
11月15日(火)10:20-11:00

■大森智子×白石光隆(ソプラノ×ピアノ)
さがみ緑風園 施設利用者
11月28日(月) 14:00-15:00

■森下真樹(ダンス)
町田市小山田南小学校 支援学級
12月2日(金)13:30-14:15(または13:05-13:50)

■鈴木ユキオ(ダンス)
町田市立小山小学校 支援学 *級
12月6日(火)10:30-11:30

■浜まゆみ(マリンバ)
町田市立本町田小学校 支援学級
12月15日(木)10:50-11:50

■山内健司(演劇)
八王子市立柏木小学校 2年生
12月19日(月)9:35-10:20/10:40-11:25

*会場入り時間は実施開始時刻の約2時間前を予定(会場によって異なる)
*アウトリーチ終了後に約1時間のフィードバックを実施
*交通費は自己負担となります

■人材育成プログラム申し込み方法
「社会と共生するアーティスト育成プログラム〜アウトリーチ可能なアーティストの育成〜」申し込み用紙に必要事項をご記入の上、舞研事務所までお持ち込みいただくか、FAXにてお送りください。申込用紙が欲しい方は舞研事務所にございます。またこちらの締切は9月30日(火)までです。

■アウトリーチ見学のみ申し込み方法
実施日の1週間前までに舞研(prunus@obirin.ac.jp/042-704-7133)まで、1.名前2.学年3.メールアドレス4.電話番号5.実施先を明記のうえ、ご連絡ください。詳細は追ってご連絡いたします。

お問合せ

■お問い合わせ
桜美林大学プルヌスホール
担当:築地
TEL:042-704-7133
MAIL:prunus@obirin.ac.jp

ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください!

皆様のご参加、心よりお待ちしております。

パフォーミングアーツ・インスティテュート

桜美林大学プルヌスホール

総合文化学群生による諸活動

▲PageTop