【OPAI】現代演劇ポスター展「演劇とマンガ篇」開催!!【OPAI】

桜美林大学プルヌスホール

現代演劇ポスター展「演劇とマンガ篇」開催!!

2020年1月、プルヌスホールにて現代演劇ポスター展「演劇とマンガ篇」を開催致します。

現代演劇ポスター展とは、ポスターハリス・カンパニーが30年にわたって収集・保存を行ってきた、現代演劇のポスターを展示するプロジェクトです。
ポスターハリス・カンパニーの所有する数多くのポスターは、横尾忠則をはじめとして、粟津潔、赤瀬川原平、宇野亜喜良、金子國義、篠原勝之、平野甲賀、及部克人、串田光弘、及川正通、榎本了壱、花輪和一、林静一、合田佐和子、戸田ツトムなど、多くの一流アーティストが関わっています。彼らの手によるポスターは、舞台と相乗効果をもたらすユニークなビジュアル表現で観客の心を揺さぶり、単なる公演告知のポスターの枠を越え、舞台芸術の軌跡・歴史を鮮やかに示すとともに、時代を鋭く切り取り、ポスター自体が発するメッセージが時代を越え今も輝き続けています。

2018年度開催の際は、唐十郎、寺山修司などを中心に60年代のアングラ演劇をテーマとして好評を得ました。
2回目となる今回の開催では、昨今の人気漫画を原作としたミュージカルや舞台の興隆を背景に「演劇とマンガ」をテーマとし、ポスターハリス・カンパニーの2万点以上所蔵する「現代演劇ポスターコレクション」から厳選された、演劇とマンガに関連したポスター約100点を展示します。
馬場のぼる、手塚治虫、長谷川町子、松本零士、白木三平、水木しげる、モンキー・パンチ、秋本治、高橋留美子、丸尾末広、花輪和一、吉田光彦、上村一夫、松本大洋、石坂啓、高野文子、萩尾望都、美内すずえ、吉田秋生、山本直樹など、多くの人気漫画が舞台やポスターに起用されています。
ぜひこの貴重な機会にお立会いください!

展示期間中には笹目浩之氏(ポスターハリス・カンパニー代表/プロデューサー/ウルトラポスターハリスター)による、ポスター解説ツアーも開催致します。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

詳細

【開催期間】
2020年1月24日(金)〜1月29日(水)

1月24日(金)18:00〜21:00
1月25日(土)11:00〜18:00
1月26日(日)11:00〜18:00
1月27日(月)18:00〜21:00
1月28日(火)18:00〜21:00
1月29日(水)11:00〜18:00

【解説ツアー】
1月25日(土)14:00〜
1月29日(水)14:00〜
※各回約1時間を予定
---+------+------+------+------+------+------+---

【入場料】
無料

【ご予約】
不要

【会場】
桜美林大学PRUNUS HALL
〒252-0206
神奈川県相模原市中央区淵野辺4-16-1
桜美林大学プラネット淵野辺キャンパス(PFC)内1階

お問合せ

【お問い合わせ】
TEL:042-704-7133(平日10:00〜18:00)
FAX:042-704-7022(24時間)
MAIL:prunus@obirin.ac.jp
URL:http://www8.obirin.ac.jp/opai/

主催:桜美林大学
企画協力:株式会社ポスターハリスカンパニー
企画制作:桜美林大学パフォーミングアーツ・インスティテュート(担当:花田)

パフォーミングアーツ・インスティテュート

桜美林大学プルヌスホール

総合文化学群生による諸活動

▲PageTop