【OPAI】桜美林大学プルヌスホールプロデュース/市民参加企画 群読音楽劇『銀河鉄道の夜2015』【OPAI】

桜美林大学プルヌスホール

桜美林大学プルヌスホールプロデュース/市民参加企画 群読音楽劇『銀河鉄道の夜2015』

原作:宮沢賢治
脚本・演出:能祖將夫
音楽監督:佐山雅弘

市民と学生とプロのアーティストで創る、新しいスタイルの群読音楽劇!!

2007年の初演から9年目、プルヌスホールの夏の風物詩ともなった『群読音楽劇 銀河鉄道の夜』は市民と学生とプロのアーティストで創るユニークなステージ。182名のオーディションから選ばれた12才〜80才までの様々な世代の声、演技、歌、ダンス、そしてピアノとパーカッションの響きが宮沢賢治の祈りを“今”に浮かび上がらせます。 今年はプルヌスホールを飛び出し、めぐろパーシモンホールでの公演も開催します。 「ほんとうのさいわいはなんだろう?」そう問いかけるジョバンニの声に、私たち一人一人の声を重ねて、群読音楽劇列車が今年も出発!どうぞ、お乗り遅れのないように。


2015年8月19日(水)〜22日(土)
桜美林大学プルヌスホール

2015年8月30日(日)〜31日(月)
めぐろパーシモンホール 小ホール

演出家プロフィール

【脚本・演出・プロデューサー】
能祖將夫 桜美林大学教授。桜美林大学パフォーミングアーツ・インスティテュート企画制作ディレクター。当企画をはじめ、『合唱物語 わたしの青い鳥』(北九州市)、『神楽オペラSHINWA』(大分県豊後大野市)、『音楽物語 わが街深川』(北海道深川市)、『マイライフ・マイステージ』(東久留米市、目黒区)など、全国の地域特性を活かした市民参加舞台を手がけて定評がある。またジャズやクラシックのアーティストと組んだ『ジャズまいむ絵本』等では朗読家としても出演。2009年、初の詩集『曇りの日』(書肆山田)を上梓、2015年、第4回「びーぐるの新人」受賞。北九州芸術劇場プロデューサー。

【音楽監督・ピアノ】
佐山雅弘 国立音楽大学作曲科在学中より音楽活動を開始。オーケストラとの共演からコンボスタイルのジャズまで演奏の幅は広く、作・編曲家、音楽監督としても評価が高い。現在まで30枚のアルバムをリリース、CD最新作はオーケストラとの共演アルバム『ラプソディ・イン・ブルー』(‘14年)寺井尚子『ホット・ジャズ』(‘15年)。また、林家正蔵との「ジャズ落語」、能祖將夫との「ジャズ絵本」を始めとする各種コラボレーション企画やパルコ劇場プロデュース“ ぼっちゃま”(鈴木聡脚本・河原雅彦演出・稲垣吾郎主演)の音楽監督、出演など活動は多岐にわたる。ミューザ川崎シンフォニーホールアドバイザー。昭和音楽大学教授、名古屋音楽大学客員教授、国立音楽大学非常勤講師。

【パーカッション】
はたけやま裕 パーカッショニスト。国立音楽大学卒業。卒業時に日本打楽器協会新人演奏会で最優秀賞受賞。桑田佳祐、井上陽水、由紀さおり、イルカ、欧陽菲菲、島田歌穂、上間綾乃、上妻宏光(津軽三味線)、チェンミン(二胡)古澤巌(vn)山下洋輔(jazz pf)等のサポート、共演や、女性ROCKミュージシャンの祭典NAONのYAONの出演等、ジャンル問わず活動。solo活動にも力をいれている。手数王ドラマー菅沼孝三、シシド・カフカ、SHOW-YAのmittan等、ドラマーをゲストに迎えてのバトルライブや、落語好きが高じて噺家の春風亭昇太師匠をゲストに迎え落語と音楽のコラボライブを開催する等、その活動は音楽の域に留まらない。07年から4枚のソロ名義のアルバムとカホンの教則DVDをリリース。


【 振付・出演】
井上大輔 桜美林大学卒業。大学より木佐貫邦子にコンテンポラリーダンスを師事し、バレエを三浦太紀に学ぶ。07・08年は伊藤キム主宰のダンスカンパニー『輝く未来』で活動。退団後は『百年の身体』というタイトルでソロダンスを3作品発表する。また、それらをデュオ・トリオに再構築するなど、自己の表現者としての修練に励む。11〜14年は21世紀ゲバゲバ舞踊団にて代表を務め、精力的に作品を発表する。また、世代を問わず様々な人々に向けたワークショップの実施や小学生や高校生と共にダンス作品を創作・発表し、同様に音楽家や他ジャンルの表現者との協働にも積極的に取り組む。近年では韓国人舞踊家イ・サンフンとの恊働振付による「PLUDA/HODOKU」をソウル・八戸・横浜にて上演。横浜ダンスコレクションEX2014コンペティションTにて奨励賞を受賞。群読音楽劇銀河鉄道の夜は初演から振付・出演を務める。

キャスト

浅野 郁哉*
安藤 あゆみ*
泉川 遥香*
岩井 智恵
大島 未来*
太田 千恵子*
小山田 俊之介*
小見波 結希*
高麗 芙美子
齋藤 有希子*
坂下 泰貴*
櫻井 健助
佐藤 純平*
佐藤 祐実*
司東 愛加
瀬戸 貴彦*
寺川 俊子
遠山 左千子
中田 爽香
萩野谷 雅樹
福住 紗斗里
正岡 玄己*
宮下 真弥*
*=桜美林大学生

スタッフ

舞台美術:濱崎 賢二
照明:金 英秀
音響:吉村 紳平
歌唱指導:岡崎 亮子
衣裳:久保薗 美鈴
舞台監督:齋藤 元太
演技指導:大橋一輝
宣伝美術:金田 拓磨
制作:炭田桃子 柿木 初美
プロデューサー:能祖 將夫

チケット発売日

2015年6月30日〜

チケット料金

前売り:一般1200円 学生1000円 当日:一般1500円 学生1300円

チケット取り扱い

桜美林大学プルヌスホール
TEL:042‐704‐7133(平日10時〜18時)
FAX:042‐704‐7022(24時間受付)
MAIL:gundoku.ginga@gmail.com
WEB:http://www8.obirin.ac.jp/opai/
※FAX/E-mailでご予約の場合は@お名前AフリガナB希望日時C券種D枚数Eお電話番号Fメールアドレスをご明記ください。 こちらからの返信をもってご予約完了となります。
※プルヌスホールでご予約のチケットは観劇当日に受付にて料金と引き換えとなります。

チケットMOVE ※相模原公演のみ
TEL:042‐742‐9999(10時〜19時)
※チケット引き換え、チケットカウンターでの購入は相模女子大学グリーンホール、相模原市民会館、杜のホールはしもとのチケットカウンターにて

チケットムーヴ.net ※相模原公演のみ
WEB:http://move-ticket.pia.jp/(24時間)
※チケットの引き換え方法は、ご購入時に(1)配送、(2)セブン-イレブン、(3)サークルK・サンクス、ぴあのお店、のいずれかをお選びいただけます。

めぐろパーシモンホール チケットセンター ※目黒公演のみ
TEL 03-5701-2904(10:00〜19:00)
http://www.persimmon.or.jp (24時間)

公演日時

日程 2015年8月19日〜2015年8月31日 全8ステージ

2015年8月19日(水)19時0分  
2015年8月20日(木)19時0分  
2015年8月21日(金)14時0分  
2015年8月21日(金)19時0分  
2015年8月22日(土)13時0分 (売り止め)
2015年8月30日(日)13時0分 (売り止め)
2015年8月30日(日)18時0分 (売り止め)
2015年8月31日(月)14時0分 (売り止め)

公演会場

≪相模原公演≫ 桜美林大学プルヌスホール ≪目黒公演≫ めぐろパーシモンホール 小ホール (〒152‐0023 東京都目黒区八雲1−1−1 東急東横線 都立大学駅より徒歩7分 東急バス (渋34)渋谷駅〜東京医療センター (黒07)目黒駅〜弦巻営業所 (多摩01)多摩川駅〜東京医療センター (都立01)都立大学駅北口〜成城学園前駅 「めぐろ区民キャンパス」下車すぐ ※駐車場は駐車台数に限りがございますので、ご来館には公共交通機関をご利用ください。)

お問い合わせ

桜美林大学プルヌスホール
〒252‐0206 神奈川県相模原市中央区淵野辺4−16−1 桜美林大学PFC内
JR横浜線 淵野辺駅北口より徒歩1分
※当劇場には駐輪・駐車スペースがございません。 自転車・自動車でお越しの際は、お近くの駐輪場、またはコインパーキングをご利用ください。

TEL:042‐704‐7133(平日10時〜18時)
FAX:042‐704‐7022(24時間受付)
MAIL:gundoku.ginga@gmail.com
WEB:http://www8.obirin.ac.jp/opai/

備考・その他

関連企画
「銀河鉄道の夜」イメージ画展
群読音楽劇に加え、今年も“あなたのイメージする『銀河鉄道の夜』”をテーマにB3サイズの絵画作品を募集します! 応募作品は公演期間中、相模原市各所にて展示いたします。
入場無料
応募締切:2015年7月29日(水)※持ち込みの場合は、当日の18時まで
展示期間:2015年8月5日(水)〜9日(日)橋本図書館
8月12日(水)〜15日(土)ユニコムプラザさがみはら
8月17日(月)〜22日(土)桜美林大学プラネット淵野辺キャンパス内エントランスホール
8月27日(木)〜9月6日(日)アートラボはしもと
展示会場:桜美林大学PFC エントランスホール、アートラボはしもと
橋本図書館、ユニコムプラザさがみはら ほか
※作品の応募方法や詳細については、桜美林大学プルヌスホールにお問い合わせください。

パフォーミングアーツ・インスティテュート

桜美林大学プルヌスホール

総合文化学群生による諸活動

▲PageTop